通信制高校の概要と大学受験と卒業するにはサポート講習を受けるのが良い理由

サポート講習は1日6時間の講習を受けることが可能

2020年5月現在、国内には計25校の通信制高校が存在しています。
このうち希望者にのみサポート講習を実施している学校は計23校もあり、1日6時間の講習を受けることが可能です。
講習を受けるには別途必要ですが、教員が各生徒の理解度に応じてマンツーマンで指導するので予備校や塾に通うのと同等の手厚い教育を受けられます。
この講習の目的としては大学受験に挑む学生の支援と、一般的な高校と同じく3年の在学期間で卒業へと向かえるように教員がバックアップをすることに主軸を置かれています。
通信制の場合、年1回の期末テストしか実施されていなくてこの試験に合格すれば必ず進級することは可能です。
卒業するにはさほど自主学習をしっかりとおこなっていれば難しい問題ではありませんが、そこに大学受験が加わると話は別です。
レポートの提出と少ないスクーリングのみしかおこなっていない生徒にとっては、受験に対応できるだけの学力を身に付けるのは至難の業でしょう。
その問題を解決してくれるのがサポート講習です。
先にも述べたように、1日6時間の補習なので全日制高校に通うのと同等の講義時間となり教師によるマンツーマン指導を受けることが可能です。
たとえば数学が苦手な学生であれば、高校の基礎問題を時間を掛けて教師と共に学んでいって理解力を高めることができます。

『18歳でも高校生になるには
』検索検索ぅ!

— ゆうや㌠@R25&S1000RR (@yuuya_0204_) July 6, 2020

レポート提出に重きを置いているのが特徴サポート講習は1日6時間の講習を受けることが可能希望に応じた通い方ができるのでマイペースに通えるのも通信制の魅力